米大統領選の投票日まで2週間足らずとなった26日、ワシントンで開業した豪華ホテルのテープカット式典に出席した共和党候補ドナルド・トランプ氏は、民主党のヒラリー・クリントン候補に世論調査の支持率でかなりのリードを許している状況にもかかわらず自信を失う兆しは全く見せなかった。

  トランプ氏はブルームバーグ・ポリティクスの共同マネジングエディター、マーク・ハルペリン氏とのインタビューで一連の世論調査結果について、複数の激戦州における自身への支持を過小評価したものだと指摘し、たっぷり力を蓄えて最後のひと踏ん張りで他州でも優位に立つだろうと語った。

  同氏は「われわれは勝つ」と言明。最低270人の選挙人の票を確保できるという絶対的確信を持てないなら、表現を変えて「勝利を目指す」と言うにとどめ、勝利を請け合うことはしないと話した。

  選挙地図を見渡してみると、ペンシルベニアやノースカロライナ、ニューハンプシャー、フロリダといった激戦州の世論調査結果に示された状況に比べ、トランプ氏の提示する見通しはかなり明るい。

  AP通信とGfKが26日遅くに公表した全米調査では、クリントン氏の支持率が51%に対してトランプ氏が37%と、14ポイントの大差がついた。同日発表されたFOXニュースの全米調査でもクリントン氏が44%と、トランプ氏の41%に3ポイントのリード。CNNの直近5回の全米調査の平均では、クリントン氏が47%で、トランプ氏の41%に6ポイントの差となっている。

原題:Trump Has No Doubts About Winning White House(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE