黒田日銀総裁:超長期金利もう少し上がってもおかしくない

  • もう少し上がっても下げないといけないとは考えず-黒田総裁
  • 超長期投資家のことも考えている-参院財政金融委で答弁

日本銀行の黒田東彦総裁は27日の参院財政金融委員会で、超長期の金利が現在よりも多少上昇してもおかしくはなく、直ちに引き下げに動く必要性もないとの考えを示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。