衣料品店は時代遅れ、英国で閉店数が増加-チャート

  英国のショッピング街は1-6月(上期)も引き続き縮小したが、ファッション店や衣料品店が深刻な打撃を受けたことが、コンサルティング会社プライスウォーターハウスクーパース(PwC)が集計したデータで明らかになった。閉店数が1日当たり15店舗と、1年前の14店舗から増える一方、開店数は2011年以来の低水準となった。オンラインショッピングの増加で全英チェーンは小売店戦略を再考する必要に迫られている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。