海外年金マネー日本株を再評価か、安倍長期政権に視線-BNP

更新日時
  • 9、10月にロングオンリー投資家の訪問受ける
  • 日銀の総括的検証で風向きに変化、マイナス金利政策で配慮

日本株を動かす海外投資家の主役が、ヘッジファンドなど短期資金から年金など中長期資金に交代する可能性が出てきた。アベノミクスのスタートから間もなく4年、政策面などでサプライズが起きにくくなった半面、主要国における相対的な政治安定への評価が背景にある、とBNPパリバ証券ではみている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。