ガンドラック氏:TIPSは「勝ち組」-インフレ加速予想の風潮強まる

ダブルライン・キャピタルの最高経営責任者(CEO)、ジェフリー・ガンドラック氏は米インフレ連動債(TIPS)は良い投資先との見方を示した。インフレの加速を予想する投資家が増えている。

  ガンドラック氏は25日サンディエゴでの会議で「TIPSを選好している」と述べ、投資先としての「勝ち組」に分類した。2014年には「負け組」だとしていた。

  バンク・オブ・アメリカ(BofA)の指数によれば、TIPSの今年これまでの投資リターンは7.5%。通常の米国債の4.5%やS&P500種株価指数の6.7%を上回る。ガンドラック氏は今年、TIPS有望視に転じたが、パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)やゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントなど同調する投資家は多い。

  10年物米国債とTIPSの利回り格差が示す予想インフレ率は26日に1.71ポイントと、5月以来の高水準となった。

  ナショナル・オーストラリア銀行の市場調査責任者、ピーター・ジョリー氏は「循環的な低インフレ時代が終わったことはほぼ確実だ」と述べた。同氏は原油相場が現水準を維持すれば米消費者物価上昇率が来年の早い時期に3%を超えるとみている。

  PIMCOはかねてからの見方を維持し、今年初めにTIPS投資を勧めた。ゴールドマン・サックス・アセット・マネジメントの先週のリポートによると、同社はTIPSをロング(買い持ち)にしている。

原題:Gundlach Says TIPS ‘for Winners’ as Pimco Predicts Further Gains(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE