クリントン氏:AT&Tのタイムワーナー買収は懸念対象、精査が必要

  • クリントン候補がこの買収案件について言及するのは初めて
  • AT&Tおよびタイムワーナーの株価に響く可能性

米大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン候補が26日、通信企業AT&Tによるタイムワーナー買収計画は懸念の対象であり、米規制当局は合意された854億ドル(約8兆9300億円)
での買収を承認するかどうか決定する前に、十分に精査する必要があるとの認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。