米TI:7-9月は増収増益、10-12月見通しは一部予想に届かず

更新日時
  • 自動車と産業機器向けの製品への投資が受注に寄与-マーチCFO
  • 四半期配当を32%引き上げ、1株当たり50セントに

米アナログ半導体メーカー最大手、米テキサス・インスツルメンツ(TI)が26日発表した7-9月(第3四半期)決算では、売上高と利益がアナリスト予想を上回った。自動車や産業機器に使用されるチップの需要好調が寄与した。ただ、10-12月(第4四半期)の売上高見通しは一部アナリスト予想に届かなかった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。