NY原油(26日):3週ぶり安値、在庫減も西海岸中心で材料視されず

26日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物が3日続落。3週間ぶり安値を付けた。米エネルギー情報局の統計で原油在庫が予想外に減少したものの、西海岸主導の減少だったことから売りが続いた。西海岸は供給システムが他の地域と異なるため、材料視されないこともあるという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。