NY外為:ユーロが対ドルで7カ月ぶり安値から上昇-経済指標で

更新日時

26日のニューヨーク外国為替市場では、ユーロが対ドルで7カ月ぶり安値から上昇。欧州経済が、改善を示し、欧州中央銀行(ECB)への追加緩和圧力が軽減されるとの観測が広がった。

  ユーロは主要16通貨の大半に対して値上がり。このままいけば、対ドルでは週間ベースで4週ぶりの上昇となる。JPモルガン・チェースの指数によれば、世界の通貨のボラティリティ(変動性)は年初来の低水準付近で推移した。

  CIBCワールド・マーケッツの外為・マクロ担当シニアストラテジスト、バイパン・ライ氏(トロント在勤)は「ユーロは長期にわたって過小評価されてきた」と指摘。「相場の動きから判断すると、現時点では他の何よりもドイツ経済を反映している部分が大きい」と続けた。

ユーロ紙幣

Photographer: Kiyoshi Ota/Bloomberg

  ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで前日比0.2%高の1ユーロ=1.0908ドル。前日には1.0851ドルと、3月以来の安値に下げていた。

  ドルは対円で0.2%高の1ドル=104円47銭。

  JPモルガンの為替ボラティリティ指数は9.38%と、昨年12月以来の低水準付近。

  ドイツのIfo経済研究所がまとめた10月の独企業景況感指数は上昇し、2年半ぶりの高水準に達した。またIHSマークイットが24日に発表したユーロ圏の製造業購買担当者指数(PMI)は約3年ぶり高水準となった。

  ラボバンク・インターナショナルのシニア為替ストラテジスト、ジェーン・フォリー氏は「最近のデータは明るい内容だ」とし、「ユーロにある程度安定感をもたらす上でプラスになる」と続けた。
  
原題:Euro Climbs From 7-Month Low as Economic Data Reduce Easing Odds(抜粋)

(第6段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE