【コラム】今回のドル高、FOMCにとって年初と異なる-エラリアン

  • ドル高でも株式市場に影響せず、かえって利上げの可能性増す
  • 市場が織り込む12月の利上げ確率は既に75%、ドル高は障害にならず

ドルは9カ月前の高値水準まで戻した。このドル上昇を主導した材料は、年初にドルを急上昇させた原因に似ている。だが金融市場に対する影響という点では、今回は前回とかなり異なる。これが持続すれば、米連邦公開市場委員会(FOMC)の政策に対する影響もまた変わってくるだろう。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。