JPモルガン、英紙FTサイトへの行員アクセスをブロック-関係者

米銀JPモルガン・チェースは行員が会社のコンピューターから英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)のサイトにアクセスできないようにした。内容をコピー・貼り付けすることで著作権を侵害することになるのを懸念したと、事情に詳しい関係者が明らかにした。

  JPモルガンは会社ぐるみで著作権侵害を奨励しているような印象をFT紙が抱くのを避けるためアクセスをできなくしたと、関係者が匿名を条件に述べた。
  
  JPモルガンは26日電子メールで、「著作権について問題が生じる恐れ」を理由に先週、サイトへのアクセスをブロックしたと説明した。行員は自身が所有しているデバイスからは知的財産権保護に関する社規に沿っている限り、同紙サイトにアクセス可能だという。広報担当者はそれ以上のコメントを控えた。

FT紙を読む通勤者

Photographer: Chris Ratcliffe/Bloomberg

  新聞社や出版社は印刷物からの収入減を補うため、コンテンツへのアクセスを料金を支払う購読者のみに制限する傾向を強めている。FT紙の担当者はコメントを控えた。

  同紙ウェブサイトに掲載されている著作権ポリシーによれば、記事全体を掲載や配布することは同社のツールを使う場合以外禁じられているが、30語までの抜粋は一定の条件下で再配布することが認められている。

  JPモルガンの措置について英紙タイムズが先に報じていた。

原題:JPMorgan Said to Block FT Site on Concern Over Shared Content抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE