米コムキャスト:7-9月期利益は予想上回る、加入者が増加

ケーブルテレビ(CATV)運営で米最大手コムキャストの7-9月(第3四半期)決算は、利益がアナリスト予想を上回った。

  同社の26日発表によると、一部項目を除く利益は1株当たり92セントで、ブルームバーグがまとめた市場予想(同91セント)を上回った。当期中にケーブルテレビの加入者は3万2000人増加した。前年同期は4万8000人の減少だった。

  売上高は前年同期比14%増の213億ドル。アナリスト予想(212億ドル)を上回った。純利益は12%増の22億4000万ドル。加入者の月間平均利用額は前年比3.6%増の148.47ドルだった。

  法人向けに電話やインターネット、ビデオサービスを販売するビジネスサービス部門の売上高は16%増の14億ドル。テレビ局のNBCやユニバーサル・スタジオを含むNBCユニバーサルの売上高は5.7%増の75億6000万ドル、リオデジャネイロ五輪に絡む売上高を含めると28%増の91億8000万ドルだった。

原題:Comcast Tops Estimates After Signing Up More Cable-TV Customers(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE