ゴールドマン流の解雇術、少しずつ少しずつで合わせて443人

  • 累計解雇者数は既にリーマン・ショックのあった08年以降で最大規模
  • ゴールドマンはニューヨーク州当局に通知する必要

最初の通知は2月だった。43人が解雇されることになった。次はその6週間後で、人数は109人に増えていた。4月には3回目の通知でさらに146人、6月の4回目で98人が解雇されることになり、その後、先週の20人を含めて3回の通知があった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。