インド株(終了):センセックス、2週ぶり大幅安-タタ関連株が安い

26日のインド株式相場は2週間ぶりの大幅安となった。同国最大のコングロマリット、タタ・グループから突然解任されたサイラス・ミストリー前会長が、採算割れの5事業のため180億ドル相当の評価損計上を同グループが余儀なくされる恐れがあると明かし、タタ関連株が売りを浴びた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。