ドゥテルテ大統領:フィリピンから外国軍隊の2年以内の退去望む

  • 米国の支援がなくてもやっていける-来日中の都内講演で発言
  • 先週の訪問した中国とは軍事的な同盟関係について協議せずと説明

来日中のフィリピンのドゥテルテ大統領は26日、外国の軍隊が同国から2年以内に出ていくことを望むと述べ、米国に対する強硬姿勢を引き続き示した。同大統領は前日から3日間の予定で日本を訪問中。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。