かんぽ生命:ヘッジ外債と株増やし、ヘッジファンド開始も-下期

更新日時

かんぽ生命保険は2016年度下半期に、低金利な運用環境のため、円金利資産での運用は抑制し、リスク性資産の残高を拡大する。為替リスクを回避(ヘッジ)した外国債券と国内外株式を積み増し、海外クレジットやバンクローンなどの投資を拡大する。また、下期から株式の自家運用を始める。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。