英銀ロイズ:株価下落-資本水準改善に疑問符、7-9月減益

更新日時

住宅金融で英最大手のロイズ・バンキング・グループの7ー9月(第3四半期)決算は、前年同期比で15%減益となった。支払保障保険(PPI)の不当販売をめぐる賠償金支払いで約10億ポンド(約1270億円)の費用を計上した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。