韓国の現代自:7-9月営業利益は29%減少、予想下回る-スト響く

  • 純利益は11四半期連続の減少-アナリスト予想に届かず
  • 米国での販売台数は12%減少、中国では20%増加

韓国最大の自動車メーカー、現代自動車の7-9月(第3四半期)決算は減益となった。従業員のストライキが国内の生産に打撃となった。業績低迷を受け、同社は幹部の報酬削減を打ち出した。

  同社の26日発表によれば、7-9月期の営業利益は前年同期比29%減の1兆700億ウォン(約1000億円)。ブルームバーグがまとめたアナリスト23人の予想平均では1兆2200億ウォンが見込まれていた。

  純利益は9.6%減の1兆600億ウォンと、これで11四半期連続の減益。アナリスト23人の予想平均(1兆2300億ウォン)には届かなかった。

  韓国での販売台数は19%減少。同社にとって2番目に大きい市場である米国でも12%減ったが、最大市場の中国では20%増加した。

  同社は25日、国内外の厳しい経営環境を踏まえ、幹部が今月から10%の報酬削減を受け入れると明らかにした。

原題:Hyundai Motor Profit Declines 29% as Strikes Cut Production (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE