日銀:長期国債購入額の「めど」近い将来削除も、現在80兆円-関係者

  • 「めど」は金融調節方針の対象ではなく、補助的な位置付け-関係者
  • 変更する際は執行部が判断して事後的に政策委員会に報告-関係者

日本銀行は新たに導入した長短金利操作付き量的・質的金融緩和の下で、「めど」として示している長期国債の買い入れ額について、近い将来、金融調節方針(ディレクティブ)から削除することを検討している。複数の関係者への取材で分かった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。