アップルの年末商戦見通しに失望、サムスン苦戦も上振れ見込まず

更新日時
  • 投資家はもっと楽観的なiPhone販売見通しを期待していた
  • 株価は決算発表後の時間外取引で一時3.1%下落

韓国サムスン電子がスマートフォン市場で苦戦しているのに乗じて、米アップルは好調な年末商戦見通しを示すだろうと同社株主は期待していた。だが、アップルが25日公表した売上高見通しはアナリスト予想を辛うじて上回ったにすぎず、株価は時間外取引で一時3.1%下落した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。