債券投資に「用心」とガンドラック氏-トランプ氏勝利で赤字膨張も

  • 「向こう3、4年はハリケーンの目の中」とガンドラック氏
  • 米インフレ率は半年以内に3%を上回ると予想

債券保有者にはこの先、厳しい時代が待っている。インフレ高進と財政赤字拡大で金利が上昇するためだ。米ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック最高経営責任者(CEO)は、そのようにみている。

  ガンドラック氏は25日、チャールズ・シュワブがサンディエゴで開催した会議で、「向こう3、4年はハリケーンの目の中という状況だろう」と語り、「2018年と19年、20年が来たら、用心しろ」と警戒を呼び掛けた。

ガンドラック氏

Photographer: Jin Lee/Bloomberg *** Local Caption *** Jeffrey Gundlach

  同氏はこれまでも投資家に対し、デュレーションが長期に及ぶ証券の保有を減らしディフェンシブ姿勢に撤するよう勧めてきた。原油相場が頭打ちとなりエネルギー関連企業の債務返済が厳しくなるとみて、高利回り債よりも新興市場の債券を選好してきた。また、株については上振れよりも下振れリスクの方が高いと警告している。

  ガンドラック氏はエコノミック・サイクル・リサーチ・インスティチュートのデータを引用し、米インフレ率が半年以内に3%を上回る可能性はあるとみる。このため、「勝利する投資先はインフレ連動債(TIPS)だ」と、25日述べた。通常の債券利回りは底打ちし、価格は7月にピークを付けたという。

  大統領選については、共和党候補のドナルド・トランプ氏が勝利すると予想。「トランプ氏が勝ち、赤字を拡大させるだろう」と話した。

原題:Gundlach Says ‘Look Out’ for Exploding Deficits in 2018-2020(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE