「何一つ良いことない」、頭が痛いとモルガンSのCEO-英EU離脱

  • 金融機関は行員を移し、資本も投じる必要があるとゴーマンCEO
  • 全ての業務分野、とりわけトレーディングの見直し迫られると同氏

米銀モルガン・スタンレーのジェームズ・ゴーマン最高経営責任者(CEO)は、英国民投票で欧州連合(EU)離脱が選択された結果、一部の行員とその家族をロンドンから他の場所に動かさざるを得なくなり、結果として起きる混乱は同行にとって頭の痛い問題になると語った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。