「何一つ良いことない」、頭が痛いとモルガンSのCEO-英EU離脱

  • 金融機関は行員を移し、資本も投じる必要があるとゴーマンCEO
  • 全ての業務分野、とりわけトレーディングの見直し迫られると同氏

米銀モルガン・スタンレーのジェームズ・ゴーマン最高経営責任者(CEO)は、英国民投票で欧州連合(EU)離脱が選択された結果、一部の行員とその家族をロンドンから他の場所に動かさざるを得なくなり、結果として起きる混乱は同行にとって頭の痛い問題になると語った。

  ゴーマンCEOは25日、ブルームバーグのジョン・ミクルスウェイト編集主幹とのインタビューで、「金融セクターや当行に限った見方からすれば、英国のEU離脱をめぐり何一つ良いことはない。今や欧州本社も置かなければならず、欧州法人により多くの資本と流動性を投じる必要が出てくる可能性が高い。いずれもろくなことはない」と発言した。

  また、ブルームバーグの創業者であるマイケル・ブルームバーグ氏との公開討論会では、英国のEU離脱の選択によって、グローバル金融機関は全ての業務分野、とりわけトレーディングの見直しを迫られ、「トレーディング部門がロンドン、フランクフルト、パリ、ニューヨーク、あるいは香港、東京のどこに必要か」と自問しなければならなくなると述べた。

  同CEOは今月に入り、英国のEU離脱に伴う再編の影響で、ニューヨークに金融業界の人材が最も集まるとの見通しを示していた。

原題:Morgan Stanley CEO James Gorman Sees ‘Nothing Good About Brexit’(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE