アルファベット、グーグルファイバー計画縮小で人員9%削減-関係者

米アルファベット傘下で高速インターネット接続サービス「グーグルファイバー」を手掛けるアクセス部門は、米国内の多くの都市にサービスを拡大する計画を撤回し、従業員の約9%を削減する、と事情に詳しい関係者が明らかにした。

  アクセスのクレイグ・バラット最高経営責任者(CEO)は25日、スタッフ会議で辞任を表明。ブログへの投稿で、既に計画を発表していた米国内の8都市でのFTTH(光ファイバーによる家庭向けデータ通信サービス)を撤回することも明らかにした。

  アクセスは従業員数を公表していないが、事情に詳しい関係者1人によると1500人程度だという。

原題:Alphabet Said to Cut 9% of Google Fiber Staff in Retrenchment(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE