露セベルスタリ:原料炭価格は2カ月以内に「大幅に下落」へ

  • 露鉄鋼大手セベルスタリ:現行の価格水準は妥当ではない
  • 24日の強粘結炭価格は1トン=246.5ドル

ロシアの鉄鋼大手セベルスタリは、原料炭価格が向こう数カ月間に「大幅に」下落するとの見通しを示した。現行水準は正当化できないと指摘する。

  セベルスタリは25日、7-9月(第3四半期)の原料炭価格の上昇は予想外だったとの見方を示した。中国政府が炭鉱労働者の勤務日数を制限し、中国とオーストラリアで供給に支障が出たことを受け、原料炭価格は年初以降ほぼ3倍に上昇している。

  同社は7-9月決算の資料で「これらの要因は現在の原料炭価格を正当化するものではないため、向こう1-2カ月間に価格は大幅に下落すると予想される」と指摘した。

  BCSグローバル・マーケッツのデータによると、原料炭のうちコークスの主原料である強粘結炭の価格は1週間で6.5%上昇し、24日は1トン=246.5ドル。今年の商品市場で最も高いパフォーマンスを示しており、強粘結炭価格が上昇すれば鉄鋼生産コストが上昇する。
  
原題:Severstal Sees ‘Significant’ Drop in Coal Price in 2 Months (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE