独VW、排ガス不正車買い戻し即時開始へ-米地裁が1.5兆円合意を承認

ドイツの自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)が排ガス不正をめぐり補償を含めて総額147億ドル(現在の為替レートで約1兆5300億円)を負担する米当局や車両所有者との合意について、サンフランシスコのカリフォルニア州北部地区連邦地裁が25日、最終承認した。排ガス不正に関してVWが各国で問われている民事上の賠償責任としては、最も大きな支払額となりそうだ。

  VWが車両の所有者や米環境保護局(EPA)および連邦取引委員会(FTC)を含む米当局と6月に締結した合意によれば、排ガス試験で不正のあった排気量2000ccのディーゼル車両の所有者には、買い戻しまたはリコール(無料の回収・修理)のオプションに加えて、5100ドルから1万ドルの補償が提供される。裁判所の承認に伴い、車両の買い戻しが直ちに開始される。

  VWは消費者保護法違反をめぐりカリフォルニア州と他の43州に総額6億300万ドルを支払い、米販売代理店ディーラー向けに12億ドルを負担することでも合意しており、一連の決着に伴う支払額は約166億ドルに上る。同社は排ガス不正関連の法的費用引当金として、195億ドルを準備している。

原題:VW Buybacks to Begin Under $14.7 Billion Diesel-Cheat Accord (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE