銀座松坂屋跡に高級商業施設、17年4月開業-Jフロントや森ビル

更新日時
  • 施設名はGINZA SIX(ギンザ シックス)、地上13階建て
  • 高級ブランドのディオールなどの出店が決定、渋谷から能楽堂も移転
Photographer: Akio Kon/Bloomberg

日本を代表する国際的な商業・観光エリアの銀座で、大型商業施設が17年4月20日に開業する。テナントとしてクリスチャンディオールなどの入居が決定し、新たな高級ブランドの大型施設が誕生する。訪日観光客の増加を好機とにらみ、国内外から呼び込みを図る。

  商業施設の名称は「GINZA SIX(ギンザ シックス)」。土地代を除く総事業費は857億円。年間の来館者数2000万人、年商600億円を目指す。

  松坂屋銀座店跡地を含む約1.4ヘクタールの再開発事業で、地下6階・地上13階の複合施設の中には241ブランドの商業施設のほか、オフィス部分、観世能楽堂などが作られる。商業施設はJ.フロントリテイリング森ビル住友商事LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループ企業が設立した合弁会社が一体運営する。

  26日、都内で記者会見したJ.フロントの山本良一社長は、「現在は大転換期にある。松坂屋銀座店跡地の再開発にあたり、百貨店はやらないと決断した。誰もが見たことのない新しい商業施設を作る」と説明。その上で「世界各国から銀座にお客さんを呼びこむことが可能。銀座変革の起爆剤となる」と期待を示した。森ビルの辻慎吾社長も「世界における日本、東京のプレゼンスを上げる。その起爆剤にしたい」と述べた。

  安倍政権は観光を成長戦略の柱の一つに位置付け、当初は東京五輪の2020年に訪日外国人旅行者数年2000万人の目標を設定していた。円高や観光ビザ緩和が奏功し、15年には前倒しでほぼ達成したことから、「20年に4000万人」と今年3月に倍増目標を新たに発表した。

  J.フロントの株価は前日終値と同じ1431円、住友商事は0.1%安の1201円で取引を終了した。

(株価を追加して、更新しました.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE