ストームハーバー証:売掛債権の投資事業、機関投資家向けも開始へ

更新日時
  • 来年1月にも機関投資家向けに国内中小企業の債権を紹介-渡邉社長
  • 運用収益は手数料控除後で12%、取扱高は来期200億円と増勢見込む

米欧などをビジネス拠点とする独立系のストームハーバー証券は、日本の中小企業が持つ売掛債権に投資するファクタリング事業を機関投資家向けにも紹介し始める方針だ。マイナス金利政策で金融商品での運用環境が厳しさを増す中、年率約12%の運用益を確保している同事業で投資家層を広げる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。