日本株は3日続伸、為替安定や業績懸念が後退-午後買い優勢 (訂正)

訂正済み
  • TOPIX終値が4月27日以来の高値に
  • 不動産や食料品、通信など内需、化学など素材セクターが上げ

26日の東京株式相場は3日続伸。為替の安定や企業業績に対する過度な不安心理の後退がプラスに作用、日本銀行による上場投資信託(ETF)買いの観測も一部で浮上した午後に堅調な動きとなった。不動産や食料品、情報・通信、建設など内需株中心に上げ、化学など素材株も高い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。