ソフバンクの孫社長:英アームの新市場開拓を支援-長期投資を後押し

  • カリフォルニア州でのアーム会合前に孫社長が発言
  • 今年買収した半導体設計会社アームへのソフバンクの役割を説明

ソフトバンクグループの孫正義社長は同社が最近買収した英半導体設計会社アーム・ホールディングスに対し、単独ではリスクが大き過ぎて踏み込めなかった新市場への長期投資を行うよう促した。

  孫社長は米カリフォルニア州サンタクララでのアームの年次技術会合前のブリーフィングで、アームが収益性の高いサーバー用半導体市場でインテルの牙城に挑んだり、自動車などの製品のさらなるコンピューター化を目指したりするなどの取り組みを支援すると述べた。孫社長は米国で、アームがソフトバンク子会社となったことによりどのような恩恵が期待できるかを説明している。
  
原題:ARM Gets OK to Spend Big on New Markets Under SoftBank Ownership(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE