米国株:反落、大手の見通しが強弱まちまち-消費者信頼感低下

更新日時

25日の米株式相場は反落。大手企業の見通しが強弱まちまちとなった上、消費者信頼感指数の低下を受けて、景気先行き懸念が強まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。