米国債:ボラティリティ指数が低下、金融政策見通しに自信

更新日時

25日の米国債市場は10年債が上昇。朝方発表された10月の米消費者信頼感指数が予想以上に落ち込んだことが手掛かりとなった。米商務省は28日に7-9月の実質国内総生産(GDP)を発表する。ブルームバーグがまとめた市場予想では前期比年率2.5%増となっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。