ドラギECB総裁:低下続く長期金利の反転、財政・構造政策が必要

欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は、ユーロ圏に必要なのは財政・構造政策へのいっそうの注力で、そうすれば自然利子率の長期的な低下を反転させることも可能だとの認識を示した。一方、金融政策が不平等を悪化させているとの主張には反論した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。