ドイツ銀、ポストバンク部門の完全統合を検討ー関係者

ドイツ銀行は国内消費者向け部門であるドイツ・ポストバンクについて、売却の計画を撤回して完全な事業統合を検討していると、事情に詳しい関係者が明らかにした。

  関係者が匿名を条件に述べたところによると、同行の監査役会は26日に、他の問題とともにポストバンクをめぐる選択肢を協議する。ドイツ銀の広報担当者はコメントを控えた。ロイター通信が25日、ドイツ銀の検討について報じていた。

クライアンCEO

Photographer: Martin Leissl/Bloomberg

  ジョン・クライアン最高経営責任者(CEO)は資産売却や配当停止、人員削減で収益性向上を図っている。ポストバンク売却は資本強化策の重要部分で、同行は2018年までに売却を目指していたが、クライアンCEOは5月に投資家に「創造的な」解決方法を検討していると述べた。
  

原題:Deutsche Bank Said to Weigh Full Integration of Postbank Unit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE