アップル4Qは減収ペース鈍化か、アイフォーン7需要で-アナリスト

  • アイフォーン7、発売1週間後の販売データをアップル公表せず
  • 通期売上高は2001年以来の減収になる公算

アップルの第4四半期(9月24日まで)業績は最新版スマートフォン「iPhone(アイフォーン)7」の発売当初の堅調な需要が押し上げ、減収ペースの鈍化に寄与したと、アナリストは予想する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。