キャタピラー:16年売上高見通し引き下げ、7-9月利益は予想上回る

米建設・鉱業機械メーカー、キャタピラーは2016年の売上高見通しを下方修正し、来年の売上高は前年比で大きくは変わらないとの見通しを示した。低調な経済成長のほか商品価格の低迷で企業は購入を先送りしている。

  25日の同社発表資料によると、今年の売上高は約390億ドルの見込み。キャタピラーの従来予想は400億-405億ドル。ブルームバーグがまとめたアナリスト15人の予想平均値は401億ドルだった。

  ダグ・オーバーヘルマン最高経営責任者(CEO)は「一部分野では回復の初期の兆候が見られるが、当社は依然として多くの課題に直面している」と述べ、「現時点で2017年について引き続き慎重だが、同年に入った後により前向きな動きが現れてくると期待している」と続けた。

  商品価格は回復しつつあるもののエンジンや大型トラック、ショベルカーなどの需要が回復するまでには至っていない。前日の同社発表によれば、9月までの3カ月に機械の小売売上高は前年同期比で18%減少した。

  オーバーヘルマンCEOは2017年の売上高・利益について具体的な予想は示さなかった。

  キャタピラーは今年下期の北米での建機売上高は従来予想を下回るとみており、2017年も落ち込みが続く可能性があるとみている。

  今年のリストラ経費見通しは約8億ドルと、従来予想の約7億ドルから引き上げた。資産評価損を7-9月期(第3四半期)に計上したのが主な理由だ。

  第3四半期決算はリストラ経費を除く1株当たり利益が85セントと、ブルームバーグがまとめたアナリスト18人の予想平均値(同76セント)を上回った。売上高は91億6000万ドルと、前年同期の110億ドルから減少した。

原題:Caterpillar Lowers Sales Forecast as Rebound Proves Elusive (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE