英国民、外国人減らせるなら貿易犠牲にしてもいい-調査

英国民は欧州連合(EU)単一市場へのアクセスよりも移民制限を重要視している。25日公表された世論調査結果が示した。EU離脱に関するメイ首相の戦略が国民の気持ちに沿っていることが分かる。

  サーベーションがITVのために実施した世論調査で、回答した成人の半数以上が外国人の大量流入の方がEUとの有利な貿易条件を失うことより大きな懸念だと答えた。58%がメイ首相の戦略を支持。反対は25%にすぎなかった。

  メイ首相はEU離脱交渉で移民制限を単一市場アクセスより優先する姿勢とみられる。ロンドンの金融街は金融サービス業界が市場アクセスを失うことを懸念しているが、他の地域は移民に職を奪われることや労働人口増加による賃金低下を心配している。

  国民投票後にポンドが18%下落したことで離脱選択を悔やむ様子もあまり見られない。国民投票をやり直した場合、離脱を選ぶという回答は47%、残留派46%、決めていないが7%だった。

原題:Britons Happy to Sacrifice Trade for Fewer Foreigners, Poll Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE