米金融当局、高めの金利に傾斜へ-次期大統領が財政刺激強化なら

  • 長期にわたる低金利持続を前提としてきた金融市場には困難も
  • クリントン、トランプ両氏ともインフラへの政府支出拡大を公約

11月の米大統領選の勝者が、就任後に現在よりもっと景気刺激的な財政政策を追求するなら、米金融当局はそうでない場合に比べ、金利を一層高めに引き上げる方向に傾斜するだろう。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。