シンジェンタ:中国化工集団への身売り完了、2017年にずれ込む見通し

スイスの農薬・種子メーカー、シンジェンタは25日、中国化工集団(ケムチャイナ)への430億ドル(約4兆4900億円)規模の身売り完了が2017年1-3月(第1四半期)にずれ込む見通しだと発表した。両社は欧州連合(EU)からの承認取得を目指している。

  シンジェンタは発表資料で、「EUなどの規制当局が最近、大量の追加情報を求めてきた」と説明。従来は16年末までの取引完了が見込まれていた。

原題:Syngenta Pushes Back ChemChina Deal Completion Date to 2017 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE