中国株:上海総合9カ月ぶり高値-不動産抑制策で株式に資金流入期待

更新日時
  • 鉄鋼メーカーの宝山鋼鉄は好決算を受けて上昇
  • 香港市場でハンセン指数、H株は共に0.2%安

25日の中国株式市場で上海総合指数は小幅上昇し、9カ月ぶりの高値となった前日からさらに上値を伸ばした。政府がインフラ投資を拡大するとの楽観的な見方や、不動産価格抑制策を受けて株式に資金が戻るとの期待が広がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。