VW捜査で最高幹部の関与示す証拠、今のところない-ドイツ検察

  • ブラウンシュワイクの検察当局は21人を調べている
  • マネジメントボードの関与示唆する証拠はないとツェーエ氏

ドイツ最大の乗用車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)のディーゼル車排ガス不正をめぐり、1年余り前から3大陸の調査官は文書や証言を詳しく調べ、VWの最高幹部が同社を危機に陥れた不正を承認した証拠をつかもうとしていた。だがドイツでは今のところ、そうした試みは空振りに終わっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。