VW捜査で最高幹部の関与示す証拠、今のところない-ドイツ検察

  • ブラウンシュワイクの検察当局は21人を調べている
  • マネジメントボードの関与示唆する証拠はないとツェーエ氏

ドイツ最大の乗用車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)のディーゼル車排ガス不正をめぐり、1年余り前から3大陸の調査官は文書や証言を詳しく調べ、VWの最高幹部が同社を危機に陥れた不正を承認した証拠をつかもうとしていた。だがドイツでは今のところ、そうした試みは空振りに終わっている。

  VWの本社があるウォルフスブルクに近いブラウンシュワイクの検察当局は21人を捜査中で、不正がどのように展開したかについて「かなり良好」な構図を捉えている。報道担当のクラウス・ツィーエ氏はこう説明したが、マネジメントボードを構成する最高幹部の明確な関与を示す証拠は得られていない。

  同氏は「ディーゼル車不正の捜査において、マネジメントボードのメンバーが不正な行動について何か知っていたことを示唆する合理的裏付けがあれば、彼らを容疑者リストに載せており、それを一般に公表していただろう」と述べた上で、「それがこれまで起きていないという事実を踏まえれば、そうしたことを示唆するものがないことが分かるだろう」と言明した。

  VWは昨年、ディーゼル車環境試験での組織的な不正を認めた。当時の最高経営責任者(CEO)が辞任し、制裁金などの巨額のコスト負担に見舞われている。

  ただ同社は、トップの経営陣は排ガス試験をごまかすためのソフトウエアを組み入れることを知らなかったと繰り返し主張。2015年の年次リポートには「当時および現在のマネジメントボードはいかなる意味においても、違法なエンジン管理ソフトウエアをその時に使っていたことを承知していなかった」と記されている。その後のリポートも、この主張に何ら変更はないとしている。

  VWは書面に記載された以外のコメントは避けた。VW広報のエリック・フェルバー氏は「捜査が進行中のため、VWはこの件でコメントしない」と語った。

原題:Germany’s VW Probe Hasn’t Implicated Top Brass, Prosecutor Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE