圧倒的多数が現状維持を予想、今後も追加緩和なし急増-日銀サーベイ

  • 緩和手段は短期金利のマイナス幅拡大が最多、国債買い入れ増は皆無
  • 長期国債買い入れの減額「すでに始まっている」との見方も

日本銀行が来週開く金融政策決定会合は、エコノミストの圧倒的多数が現状維持を予想している。前回9月会合で、マネーの量によって期待に働き掛ける従来の政策から転換したことを受けて、今後も追加緩和はないとの見方が急増している。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。