「憤怒の政治」が世界の成長鈍化招く-英バークレイズが警告

  • グローバル化はナショナリストの怒りの高まりと基本的に両立不可能
  • 英EU離脱、ポピュリズム台頭、トランプ氏躍進などが矛盾浮き彫り

英国民投票での欧州連合(EU)離脱選択や欧州全域でのポピュリズム(大衆迎合主義)の台頭、米共和党の大統領候補ドナルド・トランプ氏の躍進、世界各地で見られる所得格差への反発。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。