ドル・円が続伸、米年内利上げ観測や金利上昇で-104円台半ば

更新日時
  • 一時104円49銭と13日以来の水準までドル高・円安が進行
  • 米雇用統計や大統領選など控え、大きく動きにくい-バークレイズ証

25日の東京外国為替市場ではドル・円相場が続伸し、1ドル=104円台半ばまで水準を切り上げた。前日の海外市場で、良好な経済指標を受けて米金利が上昇したことを背景にドル高・円安が進んだ流れを引き継いだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。