印タタ・グループ、ミストリー会長を解任-就任から約4年で

  • 創業家出身のラタン・タタ前会長が暫定会長に就く
  • タタ氏も後任の会長選びに参加する-持ち株会社が発表

インド最大のコングロマリット、タタ・グループが突然、サイラス・ミストリー会長を解任した。コーヒー事業から製鉄業に至る1000億ドル(約10兆4000億円)規模のビジネス帝国で経営陣の足並みの乱れが露呈したことで、リーダーシップに空白が生じる恐れがある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。