ヘッジファンドが金の買い越し減らす、利上げに備える-チャート

  資産運用者らは、ニューヨーク連銀のダドリー総裁らのコメントに神経質になっている。同総裁は、年末までの米利上げを予想していると語った。金価格のパフォーマンスを1-6月(上期)としてはここ約40年で最高にまで押し上げた上昇の勢いは、トレーダーらが利上げの可能性上昇を織り込み、価値の保存手段としての金の魅力が低下する中で衰えつつある。米政府の21日のデータによれば、ヘッジファンドなど大口投機家による金の先物とオプションの買越残高は3週連続で減少し、約7カ月ぶりの低水準となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。