AT&T会長、献金は共和党偏重-ワーナー買収で民主党支持必要か

  • スティーブンソン会長は過去に281対1の割合で共和党に多く献金
  • 2011年にTモバイルUSA買収が民主党政権に阻止されていた

米AT&Tのランドール・スティーブンソン会長兼最高経営責任者(CEO)は2011年に自身が推進したTモバイルUSAの買収が民主党政権に阻止された後、共和党に3万800ドル(現在のレートで約320万円)と、自身としては数十年で最も多額の献金を行った。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。