韓国:7-9月は0.7%成長、市場予想上回る-不動産ブーム寄与

更新日時
  • 建設投資が成長の最大のけん引役
  • 消費と輸出は前期から伸び鈍化

韓国の7-9月(第3四半期)の経済成長率は市場予想をわずかに上回る伸びとなった。輸出と消費は期待外れだったものの、不動産ブームによる建設投資に後押しされた。

  韓国銀行(中央銀行)が25日発表した7-9月期の国内総生産(GDP)速報値は前期比0.7%増加。4-6月(第2四半期)は0.8%増だった。市場予想では0.6%増が見込まれていた。前年同期比の伸び率は2.7%。

  成長押し上げに最も大きく貢献したのは建設投資で、GDPへの寄与度は0.6ポイント。純輸出は0.6ポイントのマイナス寄与となった。建設投資は前期比3.9%増加。輸出は0.8%増、個人消費は0.5%増といずれも前期から伸びが鈍化した。

  今年に入り輸出や消費といった従来の成長のけん引役が勢いを失う一方、不動産市場の力強さが韓国経済を下支えしてきた。住宅の過剰供給が拡大する中で政府は膨らみつつある家計債務の抑制を図っており、建設主導の成長がどのくらい続き得るかは不透明だ。向かい風が強まっていることから、10-12月(第4四半期)に景気は悪化する可能性がある。汚職防止法が娯楽や食品関連支出に影響を及ぼしつつあるほか、サムスン電子の「ギャラクシー・ノート7」の生産打ち切りが輸出への打撃となっている。柳一鎬企画財政相は10-12月期GDPについて、やや伸びが鈍化するだろうが、減少は予想していないと語った。

  サムスン証券のエコノミスト、スティーブン・リー氏(ソウル在勤)は「建設投資と政府支出は私が予想していたより良かった。9月の追加補正予算の執行が確かに寄与したようだ」と分析した。

  キャピタル・エコノミクスのシンガポール在勤エコノミスト、クリスタル・タン氏は統計発表後にリポートで、国内の逆風に世界的な需要低迷が重なり、向こう数四半期の成長率は伸び悩むとの見通しを示した。同氏は今年と来年の成長率が2.5%と、韓国中銀の見通しを下回ると予想している。

原題:Property Boom Supported Korea’s Economy in Third Quarter (1)(抜粋)

(最後の2段落に新たなコメントを加えて更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE