日本株続伸、円安と日電産決算で業績懸念が後退-輸出、金融中心買い

更新日時
  • 米国の製造業PMIが上昇、年内の米利上げ観測広がる
  • JR九州が1部に新規上場、初値は公開価格比19%高

25日の東京株式相場は続伸し、日経平均株価は半年ぶりの高値を更新した。為替の円安推移と日本電産の好決算を受け、企業業績に対する懸念が一段と和らいだ。輸送用機器や電機など輸出株が上げ、米国の長期金利が上昇傾向にあるなど事業環境の好転期待から銀行をはじめ、金融株も高い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。