イエレンFRB議長、辞任への圧力に抵抗か-トランプ氏勝利の場合

  • イエレン氏を知る人々は同氏がFRBにとどまることを確信
  • 辞任すれば、イエレン氏とFRBにとって打撃-ブラインダー氏

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長は来月の米大統領選で共和党候補のドナルド・トランプ氏が選出された場合、辞任への圧力に抵抗するとみられる。

  これはイエレン氏を長年にわたって知り、一緒に仕事をしてきた人々の強い確信だ。こうした人々は金融市場での臆測について、逆に全くの的外れだと言う。

  ブラインダー元FRB副議長は、11月8日の大統領選でトランプ氏が勝利した場合にイエレン議長がFRBを離れるとの見方について、「ばかげている」と一蹴。「イエレン氏が決してそうすることはないと、私は強く確信している」と続けた。ブラインダー氏は1994-96年にFRBでイエレン氏と一緒に働いた。

イエレン議長

Photographer: Andrew Harrer/Bloomberg

  トランプ氏はこれまで、低金利を続けてきたとしてイエレン議長を批判。低金利政策について、オバマ大統領のレガシー(政治的遺産)を強固にすることが目的だと主張している。

  トランプ氏によるこうした痛烈な批判を背景に、同氏が選出された場合には、イエレン議長は2018年2月の4年任期終了前に辞任する可能性があるとの観測が生まれた。

  イエレン氏を25年以上にわたって知るアンドルー・ローズ氏はイエレン氏について、トランプ氏からの圧力を受けて辞めるような人物ではないと言明。「トランプ氏を理由にイエレン氏が辞任するとは考えづらい」と話した。ローズ氏はカリフォルニア大学バークレー校で教壇に立つ。イエレン氏は同校の名誉教授を務める。

原題:Yellen Seen Resisting Pressure to Resign If Trump Wins Election(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE