中国化工集団、ジンジェンタ買収で譲歩示さず-EUは28日までに判断

  • いわゆる「問題解消措置」の提出期限は21日だった
  • 24日のチューリヒ市場でシンジェンタ株は一時9.1%安

中国化工集団(ケムチャイナ)はスイスの農薬・種子メーカー、シンジェンタ買収計画について、欧州連合(EU)当局の承認を速やかに得るための譲歩を期限だった21日までに提出しなかった。シンジェンタの株価は24日のチューリヒ市場で一時9.1%安となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。